当たり前ではないことを維持するために全力で頑張りたい!

山本建設 株式会社
大西結花さん(18)

宿毛市出身。宿毛工業高校で測量など土木の基本を学び、卒業後の2021年4月に山本建設株式会社へ入社。趣味はモトクロスというアクティブな土木女子。

当たり前だと思っていたことが当たり前ではないと気付いた

 

学生時代に経験した自然災害。道路が寸断され、とても不便な思いをした時に「道路が使えて当たり前」ではないのだと気付く。その出来事がキッカケとなり、道路を直してくれる方々に感謝するように。父や祖父が土木関係の仕事をしていたこともあり、自分も携わりたいとの思いから土木専攻のある工業高校に進学し、建設業へ。

 

高校を卒業し入社したばかりの大西さんは、分からないことが多々ある中で日々奮闘している。今まで見たことのなかった実際の工事現場を見ることで、普段は何気なく使っている構造物や道路などは、建設現場で働いている人たちがいるからこその「便利な暮らし」なのだと実感し、感謝する日々だそう。毎日の業務では現場の人員やダンプ数の把握、他の社員の安全管理などを行うほか、得意ではないとう測量にも一生懸命に取り組んでいる。なにより先輩社員が優しくて職場の雰囲気がよく、楽しんで仕事ができていることが嬉しいとのこと。もちろん大変なこともたくさんあるが、尊敬する先輩社員の背中を見て「この方々のようになりたい」と願い、人々の暮らしを便利に豊かにし、それを維持していくために、努力を惜しまない姿勢で成長を続けている。「仕事のやりがいはまだ分からないので、これからに期待します」と語る大西さんの笑顔は、眩いほどに輝いていた。