株式会社 土佐御苑

tosagyoen

業種

特色

客室は純和風から和モダンまで、お客さまの好みに合わせられるよう多彩な客室を構える。

目の前の人を一番大切な人と思って接する。
御苑流の〝おもてなし〟はここからはじまる。

高知の老舗旅館「土佐御苑」をはじめ、ホテルSP–haruno–などを運営する土佐御苑グループ。その〝おもてなし〟の理念は「目の前の人を一番大切な人と思って接し、一生の想い出を創ってもらうこと」。お客様との一瞬一瞬を大切に、お客様の「想い出づくり」をお手伝いしている。

 土佐御苑では、従業員ひとり一人が高知を代表する「おもてなし人(びと)」であれるよう、接客技術の向上はもちろん、個々の豊かな人間性を育くむための魅力的な職場づくりに力を入れている。
 たとえば、客室係では、元タカラジェンヌで日本舞踊の師範でもある花柳廸薫先生による「おもてなし研修」を2011年より毎年行っている。「素敵な女性」になるべく、おもてなしの基礎だけなく、着付、身だしなみ、所作など、技術と教養を同時に身につけられる。
 また、同社では人事評価制度として、年功序列制を完全に廃止した新体制を導入していることにも注目したい。新人・ベテランの垣根を取り払うことで、若い社員でもキャリアアップを狙える仕組みを作り、なかには入社3年目にして主任に抜擢された社員もいる。
 働き方次第で「スキルとキャリア、そして自分自身を高められる」それが、現在土佐御苑で働く若い社員たちの活力に繋がっている。

ゆかさん(2015年入社)

当館には、よさこい踊りとしばてん踊りを組み合わせた「うげうげ踊り」という踊りがございます。入社後は皆がこの踊りを練習し、宴会の席で披露いたします。たとえ接客を任されるには早い時期でも、自分の踊りを通じて、初めていただくお客様の笑顔。その時の嬉しさは、今でもはっきり憶えています。

 

  

 

大室直哉さん(2016年入社)

フロント係が担当する業務は広く、お客様への目配り、気配り、心配りが必要不可欠な仕事です。これらは経験から学ぶことも多く、最初は誰しも失敗を経験します。しかし、その失敗を、必ず次の成功に変えていこうと考えられる前向きな精神こそが、今私が最も大切だと感じるスキルです。

 

 

岡村美幸さん(2016年入社)

ホテルSP-haruno-では、スタッフ一人ひとりがフロント業務、接客、宴会担当まで、すべての業務を行っています。もちろん大変な仕事ですが、それだけお客様と接する機会も多く、自分たちの仕事が成果として現れた時には、その喜びをスタッフ皆で共有できるのが何よりの魅力です。

 

 

 

ゆかりさん(2012年入社)

客室係では、「お客様を第一に想い動くこと」を心に留め、チェックイン後のご案内からチェックアウト後のお見送りまで、当館を訪れるお客様の想い出づくりのお手伝いをさせていただいております。お客様から「ありがとう」の言葉をいただいた時は、本当に嬉しいです。

 

 

 

 

 

企業情報

企業情報
社名 株式会社 土佐御苑
所在地 高知市大川筋1-4-8
電話 088-822-4491
代表 横山 光寿
資本金 1000万円
設立 1964年3月
社員数 211人(グループ全体)
業務内容 旅館業・飲食業
ウェブサイト https://www.tosagyoen.co.jp

https://www.tosagyoen.co.jp QR Code

採用情報
基本給 14万6500円~
休日休暇 月8~10日、有給休暇、特別休暇
福利厚生 各種社会保険、交通費支給有、退職金制度、社員旅行など
採用担当者連絡先 088-822-4491(野久保)