澁谷食品株式会社

SHIBUYASHOKUHIN

業種

特色

芋けんぴ生産量全国シェア50%
それを支えているのは人の「手」です

昭和27年創業の芋菓子専門企業「澁谷食品」。「おいしさは大地から」をスローガンに創業者・澁谷金次郎の想いを引き継ぎ、高知県を代表する郷土菓子「芋けんぴ」を代表として洋菓子である「スイートポテト」など、原料と製法にこだわった安心、安全なさつま芋菓子を全国に届けている。

日高にある工場では、毎日できたての商品が出荷されている。

土佐の伝統菓子といえば「芋けんぴ」。現在、「澁谷食品」の芋けんぴ生産量は全国シェアの50%を占めており、同社のオリジナル商品はもちろん、大手コンビニエンスストア、大手量販店などのPB商品を製造販売している。さらにスイートポテト、芋ケーキなどの洋菓子をはじめ、ケーキやパンの材料となる芋ペースト、細かくサイコロ状にカットし、シロップ漬けしたおさつダイスなどの菓子材料も手がけている。また、お土産物を買いに来る人やカフェタイムを楽しむ人で賑わう「芋屋金次郎」も同社が手がけている店舗だ。

さつま芋の産地に生産拠点を構えることで、高品質なさつま芋を安定して確保、維持管理している。

今や、さつま芋を使った専門企業として、原材料である芋づくりから加工、販売に至るまで一貫したサービスを提供している。社内も、製造業からカフェの店舗スタッフ、管理に企画、通販事業と様々な部署に別れているが、どの部署においても主役は従業員であり、人という考えのもと、働く従業員が活き活きと働ける職場環境を大事にしている。従業員の働く幸せづくりが、ひいてはお客様に喜んでもらえる商品づくりにも結びつくのだ。そんな想いに共感し、共に成長していく仲間を心待ちにしている。

 

 

 

 

高知工場製造2課
森本 美月(高卒 入社3年目)
出来上がった商品を箱詰めしたりする包装業務を担当しています。生産メニューと間違いが無いか確認をしながら、慎重に作業をしています。沢山ある機械操作ができるようになり、後輩たちに頼られる先輩になりたいです!

 

 

 

 

高知工場製造1課
柴田 爵哉 (高卒 入社7年目)
芋けんぴやチップを揚げるフライヤーをメインで担当しています。商品の状態や、水分量、天気などその日その日に合わせた仕上がりを心がけています。他にも、設備メンテナンスや芋畑の管理など日々勉強中です!

 

 

 

高知工場製造3課
望岡 俊介(高卒 入社5年目)
スイートポテトを焼き上げるオーブンの担当をしています。ペーストにするときの芋の状態によって固さも違うので、焼き加減の見極めが難しいです。経験がまだ浅いので、さらに良いものを作れるようになりたいです!

 

 

 

企画開発
濵野 麻里(大卒 入社2年目)
店舗の新アイテムのプライスやポップを作ったり、レイアウトなどをデザイナーと話し合って、お客様が手に取りやすい商品展開を企画しています! お客様のニーズと店舗のやりたいことを繋ぐことにやり甲斐を感じます!

 

 

 

 

通信販売部
門田 百香(高卒 入社2年目)
客様からの電話応対をはじめ、ネット、ハガキ、FAXなど商品の受注から発送までを担当しています。お客様と顔を合わすわけではないので、内容の受け取り方が違うことが無いように気をつけて丁寧な確認を心がけています!

 

 

 

 

芋屋金次郎卸団地店 店長
羽方 香南子(高卒 入社5年目)
店舗内での接客をはじめ、シフト作成などお店の運営の全般を管理しています。とはいえ、店長1年生なので、みんなに支えてもらっています。店長として常に心に余裕を持ち、お客様とスタッフを大切にできる人間になりたいです!

企業情報

企業情報
社名 澁谷食品株式会社
所在地 高知県高岡郡日高村本郷716
電話 0889-24-5131
代表 澁谷 伸一
資本金 3000万円
設立 1959年5月
社員数 351名(男性:96名、女性:255名)
事業内容 さつまいもの菓子製造・販売
芋屋金次郎 直営店舗運営・通信販売
ウェブサイト http://www.shibuya-foods.co.jp/shibuya_foods.html

http://www.shibuya-foods.co.jp/shibuya_foods.html QR Code

採用情報
基本給 当社規定による
休日休暇 当社カレンダーによる年間105日(日、他)、有給休暇、慶弔休暇、育児・介護休暇制度など ※店舗については1ヶ月単位の変形労働制
福利厚生 健康保険、厚生年金、通勤手当支給(月額上限1万円)など
応募連絡先 ホームページの採用エントリーより応募