三和製紙 株式会社

sanwaseishi

業種

特色

伝統の土佐和紙の技術を
高機能・高性能な品質を持って
グローバルに発信する会社

 平安時代から現在まで、約千年もの歴史がある土佐和紙の伝統技術を受継ぐ企業「三和製紙」。清流・仁淀川の恵みを受け、土佐和紙の特性を守りながら、常に最先端の技術を取り入れ、品質向上を手がけている。

 昭和37年の創業当時、日本のどの家庭にもあった障子紙をメインに製造していた「三和製紙」。その後、時代の流れとともに、需要が高くなったティッシュペーパーの製造を経て、繊維を織らずに絡み合わせたシート状の紙「不織布」の製造をスタート。現在は、パルプ入りのものやマイクロファイバー、長繊維の不織布など他社にはない不織布を中心に商品展開を図っている。どれも土佐和紙の技法がベースとなっていて、一口に不織布と言っても、農業からインテリア、建築に食品梱包、化粧品に医療・衛生までその用途は無限大! 例えばパックをするときのフェイスマスクやウエットティッシュ、細やかなデザインの和菓子の個別包装など普段の何気ない生活の中にも同社の製品が溢れている。工場での製造に始まり、国内外に向けての商品の発信、さらには和紙製造の技術力を商品力に変えて独自の商品の開発も行っているアグレッシブな会社なのだ。

 その製品の質を常に完璧な状態に保つために大切な、工場の機械の点検チェックなど、設備保全を行っている入社1年半の野中さん。機械が正常に動いているか毎日の点検がとても大事で、少しの不調も見逃さないように細心の注意が必要な仕事。元々は製造オペレーターを希望していたところ、今の部署を新たに立ち上げると聞いて挑戦することに。工具も触ったことがない全くの未経験からスタートしたので、毎日がベテランの先輩社員さんからの指導の日々。今では一つの機械の管理を丸々任されるまでになり、機械のトラブルや突然停止などが減り、工場の生産性が高まってきたと社内からの評判も高い。「入社3年で一人前になりたいという目標を掲げていました。今はその折り返し地点。後輩ができた時に、上司としてきちんと指導ができるように、残り1年半で知識や技術をさらに磨いて、どんなことにも正しい判断ができるようになりたいです」と語ってくれた。

 入社2年目を迎える営業部・下村さんは、外語大学に在学中、日本人として日本の文化や伝統についての意見を求められることが多く、同社が手がける土佐和紙に魅力を感じたという。さらに、英会話や英語を使ってのビジネスメールなどができる人材を求めていた三和製紙と下村さんのスキルが見事にマッチし入社。会社の顔として、自社製品のことを知り尽くすため、最初の1年は現場で製造に携わり、徹底的に商品知識を身につけた。今では都内で開催する不織布のイベントなどに単身で乗り込み、商品パンフレットの翻訳から、海外ゲストの対応・商談などを任されている。「県内よりも、県外への出張が多く、色んな人と出会えて話ができることが楽しいです! 入社当時は、製紙業ならではの専門用語に苦戦しましたが、覚えて使って慣れていきました。今後は、三和製紙の看板を背負っていることをさらに自覚して、得意先とのパイプ役になれるように精進します!」と意気込みを見せてくれた。

企業情報

企業情報
社名 三和製紙 株式会社
所在地 高知県土佐市高岡町丙443-1
電話 088-852-3811
代表 森澤 正博
資本金 3000万円
設立 1962年8月
社員数 121名(男性:75名、女性:46名)
業務内容 製紙業
ウェブサイト http://sanwaseishi.co.jp/

http://sanwaseishi.co.jp/ QR Code

採用情報
基本給 当社規定による
休日休暇 年末年始、夏季休暇、土曜・日曜・祝日は当社カレンダーによる
福利厚生 各種社会保険、厚生年金、社員旅行など
採用担当者連絡先 088-852-3811(森部)