三和製紙 株式会社

sanwaseishi

業種

特色

高知が誇る土佐和紙の伝統技術と
高機能・高性能な品質で世界に発信する会社

 平安時代を起源に、約千年の歴史を誇る土佐和紙の伝統技術を受け継ぐ「三和製紙」。清流・仁淀川を流れる清らかな水を使用し、土佐和紙の特性を守りながら、常に最先端の技術を取り入れ、品質向上に注力している

 昭和37年に創業した「三和製紙」。発足当時は、日本のどの家庭でも見かけた障子紙を製造していた。その後需要が高くなったティッシュペーパーの製造を経て、繊維を織らずに組み合わせたシート状の紙「不織布」に着目し、製造をスタート。現在は、パルプ入りのものやマイクロファイバー、長繊維の不織布など他社と差別化を図った商品展開で成長を続けている。そのどれもが、土佐和紙の技法をベースとしている。一口に不織布といっても、農業からインテリア、建築に食品包装、化粧品や医療・衛生までその用途は幅広い。ウエットティッシュといった身近なものやパックをするときのフェイスマスクなど、同社の製品が使われた商品がコンビニやドラッグストアにも並んでいる。近年では、取引先を通じて海外にも広がっていて、都内で開催する不織布の商品イベントや展示会などにも積極的に参加。そんな会社の発展を支えているのが、製造や設備保全を行う工場での作業員、品質管理や全体を把握する事務職員、商品を外部へ発信してくる営業部など、現場のスタッフ一人ひとりだ。

本社事務所
元々、地元高知での就職を希望していた笹岡さん。在学中は造船科で学んでいて、やはり、何かものづくりに携わりたいと会社見学に訪れたという。

 社内には何十人というベテラン職員が在籍しているため、独り立ちするまでに万全の体制で指導してくれる。元々専門で学んでいたという人は少なく、オペレーターとして入社後、新しい部署の立ち上げに挑戦して、初めて機械を触ることになったという人や、「日本人として日本の文化や伝統を通じ、土佐和紙の魅力を世界に伝えたい!」と営業に配属、自社製品の知識や専門用語の習得に苦戦し、ひたすら覚えて慣れて使って身につけていくといった、入社後に習得する技術や経験を生かして活躍している人がほとんどだ。そんな先輩社員も、一つの機械の管理を丸々任されるようになり、工場の生産性を引き上げる重要な仕事を担ったり、単身で商品展示会に乗り込み、商品パンフレットの翻訳から、海外ゲストの対応・商談などを一手に引き受けるようになるまでに成長を遂げている。

軽くてちょっと目を離すと飛んでいってしまうこともあるという不織布の原材料。機械に乗せた後もきちんと運ばれていくのか見守るのも彼の仕事。

 不織布工業に勤務している笹岡さんは、入社3年目の若手スタッフ。高校在学当時から、何かものをつくる仕事に就きたいという想いと、親の勧めもあり、まずは本社工場の見学に訪れた。そこで目にした現場の空気感と雰囲気の良さに入社を決意。入社後は、不織布工場に配属された。同期がおらず、先輩社員の中に混じっての仕事に最初は戸惑うことも多かったという。ただ、根気よく指導してくれる先輩からのアドバイスを元に、少しずつ仕事を覚え、現在は紙をすく工程である「抄紙」の工程の一部を任されている。
 原材料を運ぶためのフォークリフトを操作したり、工程の進み具合を見極めたりと出来ることも増えてきた。「真面目で、黙々と仕事をしてくれるので仕事の覚えも早いです。」と、現場の先輩からの期待も高い。

企業情報

企業情報
社名 三和製紙 株式会社
所在地 高知県土佐市高岡町丙443-1
電話 088-852-3811
代表 森澤 正博
資本金 3000万円
設立 1962年8月
社員数 121名(男性:75名、女性:46名)
業務内容 製紙業
ウェブサイト http://sanwaseishi.co.jp/

http://sanwaseishi.co.jp/ QR Code

採用情報
基本給 当社規定による
休日休暇 年末年始、夏季休暇、土曜・日曜・祝日は当社カレンダーによる
福利厚生 各種社会保険、厚生年金、社員旅行など
採用担当者連絡先 088-852-3811(森部)