三昭紙業株式会社

Sanshoshigyo

自ら製造に携わった製品を手にする入社2年目の女性社員たち。左から松山さん、藤本さん、中島さん。通常の業務時には帽子とマスクを着用して、クリーンな環境に注意を払う。

土佐和紙の技を取り入れた高性能不織布を通して、全国へ美と快適を届ける商品づくりに取り組む会社。

 ドラッグストアなどで、よく目にするウエットティシュやフェイスマスクなど、大手メーカーの依頼を受けて、世に送り出している三昭紙業。同社が生み出す製品は、すでに私たちの生活に不可欠なアイテムになっている。

 その美しさから「仁淀ブルー」の異名を持つ清流仁淀川が、太平洋へと注ぎ込む土佐市。三昭紙業があるこのまちは、仁淀川の清浄な水を利用して、古くから和紙作りが盛んだった。同社は土佐和紙の伝統技術を受け継ぐ不織布の加工メーカーとして、自社製品はもちろん、大手化粧品会社からの依頼を受けた製品を生み出している。
 同社が扱う不織布は、手漉き和紙の要領で、繊維を仁淀川の伏流水を使い、絡み合わせて布状にしたもの。天然繊維の高い保水力と長繊維の強度を併せ持つ品質の良さから、全国の各業界から注目を浴びてきた。中でも化粧品分野では、有名メーカーが美肌用フェイスマスクやクレンジングシートとして採用している。高品質の素材と同社の高い技術力により、有名メーカーのブランド名で生産を委託されるレベルにまで信頼を獲得しているのだ。
 今では全国のコンビニやドラッグストアはもちろんアジアでも同社で製造したOEM製品が並ぶ程に成長を続けている。同社のショールームを見学すれば、そこに並ぶ商品がいずれも一度は目にしたことのある有名メーカーのアイテムばかりであることに驚くはずだ。高品質と対応力で、今後も女性の美しさに貢献していく喜びを追求していく。


 美容分野だけでなく、新型コロナウィルス感染症対策として衛生関連製品の製造もその量は底上げとなっている。コロナ禍での生活様式の変化に対応するため、除菌・消毒用のウェットシートの生産は現在も続いている。医療や福祉現場だけに限らず各種店舗や公共施設で同社の製品を目にする場面は多くなってきており、その広がりは県内にとどまらず全国規模に及ぶ。


 そんなこれからの三昭紙業を担う若者達も、日々工場で汗を流す。中でも不織布に加工を施し、付加価値を高める製造部は核心部門。工場と言えば力仕事のイメージがあるが、繊細な作業もあるため、現場では多くの女性が活躍している。

入社2年目を迎える松山月乃さん、藤本愛佳さん、中島理絵さんは、日々工場で製造や検品の業務を担う女性陣だ。彼女たちの仕事の大半を占めるのは手作業。製品の品質を保つために、ひとつ一つの製品と向き合いながら仕事をしている。まだまだ、覚えることも多いと話す三人だが「手で作業できることが楽しいです!」と口を揃える。「手作業でのモノづくりに興味のある人はぜひ一緒に!」「自分たちの関わった製品を、誰かが使ってくれていると嬉しい!」「次の新入社員に、仕事を教えられるよう頑張りたい!」と、仕事の魅力や目標を教えてくれた。 同社の製造部門では機械による自動化が進んでいるものの、一部の製造工程や調合、品質管理には、やはり人の目や手が必要になってくる。自らがたずさわった製品を手にすれば「全国の人たちの快適な生活に貢献している」という自負を胸に仕事に取り組めるはずだ。ほかにも同社では、研究部門や営業部門の人材も募集している。高知が生んだ高い技術を、日本全国へ発信する担い手としての活躍が期待されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消毒用ウェットティッシュ、バケツ型の除菌シート、アウトドアメーカーからアドバイスを受けて開発したアウトドア用キッチンペーパーなど。

企業情報

企業情報
社名 三昭紙業株式会社
所在地 高知県土佐市北地2424-7
電話 088-854-0521
代表 森澤 正博
資本金 9500万円
設立 1967年10月
社員数 197名(男性:114名 女性:83名)
業務内容 化粧品・医薬部外品・ウエットティシュ・キッチンペーパー・介護用品の製造 販売
ウェブサイト http://www.sanshoshigyo.jp/

http://www.sanshoshigyo.jp/ QR Code

採用情報
基本給 大卒:20万円~
休日休暇 日曜祝日、土曜は当社カレンダーによる。年間休日101日、年次有給休暇(初年度10日間)、特別休暇制度
福利厚生 各種社会保険、資格取得支援など
採用担当者連絡先 088-854-0521(総務部)