三惠株式会社

Sankei

昨年、本社・工場を新築移転しパワーアップ!
包装の力で未来をつくる成長企業

包装機械部品の加工・組立で、普段目にする医薬品やお菓子、インスタントラーメンといった小袋、ペットボトル飲料のラベル包装などを行う機械を製造する企業。中身に合わせた包装を実現するためにオーダーメイドの部品加工・組立を行ってきた。

三惠株式会社は1991年に別会社から独立し、株式会社トパック(大阪府)の協力会社として小袋自動包装機の部品加工及び組立を行ってきた。手がけてきた製品は大手医薬品メーカーや大手食品メーカーへの導入実績があり、精密性が実証されている。様々な形状の包装が出来るよう、多種多様に設計された包装充填機器を精密に加工、組立までを一貫して請け負う。そのため、柔軟な納期対応が可能となり「より速く、より安く、より高品質な」製品の提供が可能となっている。製品は国内のほか、海外でも高い評価を受けており、アメリカやヨーロッパ、東南アジアなど世界30ヶ国に販売網を拡大し、ニーズに応じた製品作りを行っている。
 一般的な鉄工所のイメージを払拭するため、同社では{tcy}5S{tcy}活動(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)を行い、働きやすい環境作りに取り組んでいる。こうすることで効率よく業務を行うことができ、油汚れも少ないという。業務はフライス、旋盤、穴あけ、仕上げ、製缶、組立、出荷とそれぞれの部署にわかれ、チーム一丸となって製品を作り上げる。包装機は少しでもズレが起こるとシール(密封)が出来なくなる可能性があるため、100分の1ミリまでズレがないよう、測定しながら作業し、組立を行う。医療機器よりも精密な計測が必要となるそうで、1人ひとりが製品に誠実に向き合ってモノづくりを進めて行く。それぞれの社員は鉄やステンレスといった材料による微調整やサイズ変更など、多種多様なニーズに応えるため、絶えず技術を磨いているという。
 ここまで聞くと、難しそうに感じられるかもしれないが、OJTで業務を行いながら学んでいける環境のため、未経験者も多数在籍している。特性を見て業務を振り分けているため、社員の半数が女性というのも驚きだ。また、ほとんどの社員は高知県内で加工・組立を行っているが、納品先や協力会社は高知県外が多いため、全国へ設置に向かう社員もいる。フットワーク軽く仕事をしたい、という人にもおすすめだ。関わる商品もスーパーやコンビニエンスストアで見かけるような身近な包装を多く作っているため、見つけると嬉しくなるとの声も聞こえてきた。
 2020年に本社工場(組立工場)を新設し、本社機能も移転した。新工場では、これまで2つの工場で行っていた組立工程を集約し効率化を図る。受注に対して工場が手狭となり、包装機械が収容できずに受注を断ることも、今後は改善していく予定。より一環した生産体制と効率化を目指している。意外にも景気に左右されることが少なく、好不況関係なく安定した受注があるのが同社の強み。コロナウイルス感染拡大の時代においても、医薬品や食品は必要不可欠なものであり、今後の感染拡大防止のためにも包装が必要となってくる。
 モノづくりに興味のある方は「三惠」とともに、高知から全国、世界へ広がる製品作りに挑戦してみては。

2020年7月に本社工場を新築移転。清潔な工場で精密な機器を一貫して作り続ける。工場と本社機能を集約したことでチームワークも一層深まった。また、社会貢献活動として子ども食堂への支援も続けており、未来ある子どもたちを応援している。

三惠という社名はお客様と協力会社、三惠がそろって『恵まれる』こと。会社と社員と家族がそろって『幸せになる』ことを目指している。「やればできる」を合言葉に、基本に忠実な姿勢や積極的な技術開発で、人々が次の時代に求める「より速く・より安く・より高品質」な製品を提供し続ける。

 

企業情報

企業情報
社名 三惠株式会社
所在地 高知県高知市南竹島町39-8
電話 088-837-4811
代表 谷江 裕典
資本金 2,000万円
設立 1991年5月
社員数 69名(男性:38名 女性:31名)
業務内容 小袋自動包装機械部品加工及び組立、各種産業機械部品加工及び組立、製缶及び単品部品加工
ウェブサイト http://www.sankei-kochi.co.jp

http://www.sankei-kochi.co.jp QR Code

採用情報
基本給 会社規定による
休日休暇 年107日(年末年始、夏季休暇など)
福利厚生 各種社会保険など
採用担当者連絡先 088-837-4811(総務課)