株式会社三谷組

mitanigumi

業種

特色

高知から全国へ、より一層の飛躍を目指す「三谷組」
進化を続ける建設業界で若い感性を生かし共に歴史を築く仲間を募集!

 陸上土木、港湾土木、舗装工事、建築工事と、全分野の施工ができる、県内でも数少ない企業。年に1度15社が表彰される高知県の優良工事証書を4年連続受賞。安全で丁寧な仕事が高く評価されている。 

今、県内で最も勢いのある会社のひとつ「三谷組」を率いるのは、現在37歳の三谷修一社長。京都の大学を卒業後、高知へUターン。2年ほど経理を経験し、建設会社の社長に就任。時代の先を読み、新しいことを積極的に取り入れて、会社の事業を広げている。

 数年前、社名に自身の名前を冠し、建設業界のトップクラスに仲間入りをした。実はその歴史は長く、県内の様々な建設企業を助けて合併を繰り返し、名前を変えながら大きく成長してきた。温厚で人当たりのいい社長に会社の話を伺うと、瞳の奥で情熱の炎が燃える。その内容は、建設業界のイメージが大きく変わるものだった。

 

「これまでは汗と泥にまみれた肉体的にハードな仕事でしたが、これからはタブレットを片手に格好よく仕事ができるようにしたいと考えています。三谷組では他社に先駆けて、ITや3Dを取り入れた生産性向上への取り組みを行っています。そのため、スマホなどの操作に慣れた若い社員、若い感性を求めています」。

今年の新入社員。

 高知で一番の建設会社を目指していると語る三谷社長。チャレンジ精神旺盛な会社で、新たな歴史を築く一員として、活躍の場がありそうだ。

「幅広い年齢の社員みんな仲が良く、尊敬しあっていて、家族みたいです」と、工事本部(現場管理)の濱田さん。

 現場ではすでに、タブレットを活用して効率的に仕事をしている社員達の姿があった。印象的だったのは、社員一人ひとりが非常に礼儀正しいこと。「人が全てです。無事故でいいものを作るために、一番大切なのはコミュニケーション。社員や一緒に働く方はもちろんのこと、公共工事を多く手がけているため、地元の方との交流は特に大事にしています。私も、誰に対しても謙虚に、感謝を大切に、元気よく仕事をするよう心がけています」と三谷社長。そんな社長の思いを全ての社員が共有しているところをみると、非常に風通しのいい会社であることがわかる。
 社長自身、現場に足を運んで若手との交流を持つようにしており、社員との距離が近い。社員からは「若い社長を筆頭に、社員全員が勢いのある会社ですよ」と、社長を慕う声が聞かれた。


 職種は、現場監督、安全担当、営業、総務のほか、忙しい社長を支える秘書も募集中。「居心地のいい、女性も働きやすい会社です」と事務部の森下さん。
 勤務地は、室戸本社、高知本社、香南支店のほか、現場毎の事務所が県内に多数あり、鳥取、島根、東北にも子会社を持っているため、本人の希望があれば県外で働くことも可能だ。
 また、今後はさらなる全国展開を目指している。高知での仕事が少ない時期にも、効率よく県外で仕事ができるようにという考えからだ。
 工事の最中は忙しいが、終わった後には長期休暇が取れるため、旅行やアクティビティなどを楽しみたい人にもぴったり。豊かな働き方が、豊かなまちを創っていく。会社に入ってからも、自分でしっかりと将来のビジョンを描いていけるだろう。

 

 

 

企業情報

企業情報
社名 株式会社三谷組
所在地 高知県高知市中宝永町5-21
電話 088-856-9993
代表 三谷 修一
資本金 2000万
設立 1971年10月
社員数 68名(男性:62名:女性:6名)
業務内容 総合建設業
採用情報
基本給 高卒:17万、大卒:21万
休日休暇 月7~10日の休み
福利厚生 各種社会保険・夏季休暇・年末年始休暇
採用担当者連絡先 088-856-9993(森下)