株式会社 晃立

Kohritz

業種

特色

高知県民の「生活のステージ」を創造し続けて来年で100年
道路やトンネルといった大規模工事に商業施設や公共施設までを手がける総合建設業

 県民の生活に欠かせないインフラを整え、災害に強く長期にわたり持続できる「生活のステージ」を創造し続けて100年を迎えようとする株式会社晃立を支えている従業員1人ひとりの想いとは・・・

 2022年に創業100周年を迎える「晃立」。土木部・建築部・営業部・総務部と大きく4つの部署から成り立っていて、山・川・海などの自然を相手にしたスケールの大きな現場から、学校建設などの公共施設に個人宅など、身近な活動空間を創造する仕事まで、高知で暮らす人々の生活になくてはならないものを手掛けている。
 同社の前身となる大正11(1922)年創業の「島﨑組」の創業以来、その長きに渡る経験と実績、そして時代を先取りした技術力で信頼を獲得しており、現在では、高知本社以外に佐川支店、池川営業所を展開しており、土地開発事業や観光事業、介護事業にお菓子の製造・販売と様々な分野のグループ企業も有し、高知屈指の企業へと成長を遂げている。

また同社では、「もの」を作ると同時に「人」を創ることを大切に考え、一人前のプロフェッショナルになるまでしっかりとサポート。社会人としての心得や基礎知識を身に付ける研修はもちろん、現場に配属されてからは、作業内容・手順や必要な専門知識、安全上の注意事項など作業にそって丁寧に指導してくれる。

 建築部で働く橘さんと濵田さんは入社2年目で、主に改修工事の現場を担当している。橘さんが入社後すぐに配属されたのは公民館の耐震改修工事だった。新築とは違い、元々ある古い建築物の工事は、当時の図面がなかったり施工の仕様が現在のものと違っていたりと思いもよらないことが起こったりもするが、臨機応変に対応する先輩の姿がとても頼もしかったと橘さんは振り返った。
 「専門性の高い仕事だからこそ、すぐに技術が身につくわけではないので、作業内容の把握には苦労することもありますが、自分でできることが増えていく感覚が味わえるやりがいのある仕事です!」と濵田さん。
 積算の勉強をしたり、施工管理技士の資格取得に向けて勉強したりと、それぞれが必要なスキルを身につけるための環境も整っていると話してくれた。

↑部署の垣根を超えた交流もあり、アットホームな雰囲気の職場なので、業務の上でわからないことがあっても相談しやすい。

同じく入社2年目の沖吉さんは、高校を卒業後、情報経理の専門学校に進学。県内での就職を視野に入れ就職活動していたときに、同社の職員募集を知ったのがきっかけで入社を希望。
 現在は事務所内で伝票処理や書類作成を任されている。特に、同社が工事をするうえで各方面に提出する書類は重要なもの。社内外の人の目にも触れるので、仕上がった書類には2回、3回と目を通しミスがないように細かくチェックをしているという。また、今後は「建設業の簿記」「原価計算及び会社会計」に力を入れ、建設業経理士1級の取得を目指してさらに仕事の幅を広げたいと邁進中!
 どの現場においても、経験を積みながら順次必要な資格取得を応援し、会社とともに人材の成長にも注力している同社。創業100周年に向けて、個々のさらなる能力の底上げにも余念がない!

↑営業所の他に社員向けの保養所があったり、グループ会社、協力会社、社員の家族を招待しての運動会を開催したりと、仕事だけでなく社員同士のコミュニケーションの場も大切にしている。

企業情報

企業情報
社名 株式会社 晃立
所在地 高知県高知市桜馬場8-20
電話 088-824-1121
代表 嶋﨑 勝昭
資本金 3000万円
設立 1922年5月
社員数 82名(男性:72名 女性:10名)
業務内容 総合建設業
ウェブサイト http://www.kohritz.co.jp/

 http://www.kohritz.co.jp/ QR Code

採用情報
基本給 当社規定による
休日休暇 日・祝、他会社が定める日、年次有給休暇、年末年始、慶弔休暇
福利厚生 各種社会保険、育児休業制度、退職金制度、社員寮完備、社員研修旅行
採用担当者連絡先 088-824-1121(総務部)