高知医療生活協同組合

kochi medicalcare & cooperative society

業種

特色

健康づくりを通じて、くらしと街づくりに貢献する

「高知医療生活協同組合」と聞いて思い浮かべる業務はどんなものだろう。医療機関・介護事業所などを所有・運営し、医療経営マネジメントスタッフとして診療~管理に携わるほか、生協だからこその大切な役割が見えてきた。組合員とともに地域の諸問題を解決する取り組みとは。

その名の通り、医療・福祉に関わる「高知医療生活協同組合」。地域の人々がそれぞれの健康と生活に関わる問題をもちより、解決する自治的組織として成り立った。高知生協病院など県内の医療機関4ヵ所や介護事業所10ヵ所を運営や地域住民の福祉活動の企画運営のほか、職員はともに組合員として生協を担う住民と協同で諸問題を解決するための事業と地域活動を行っている。理念は「健康をつくる。平和をつくる。いのち輝く社会をつくる」。

↑地域の健康づくりとして「いきいき100歳体操」で介護予防に取り組む。

 事業部署としては、受付・会計を担う「医事課」、施設管理を主に担当する「総務課」、患者情報の登録や医局秘書としての役割を持つ「運営企画課」、地域での健康作り活動など企業理念を抱えている「健康まちづくり課」と、総合事務職としての幅は広い。ローテーションで各部門を担当・経験していく。入職後3年はサポーター制度として、別部署の先輩がメンターとなり、精神面や業務面でサポート。

↑高齢化が進み、在宅医療のニーズが広まっている。

 

 

事業としての医療経営で求められるものは、実務能力の高さだけではなく、実はコミュニケーション能力。専門職の多い病院内では、事務職員がスタッフコーディネートすることがしばしばあるという。「コミュニケーションは身につけていくもの」という考えのもと、年に1度、研究発表などを行う事務職員全体会を行っているほか、サポーター制度でのメンターは毎年別部署の先輩が交代で担当し、コミュニケーション能力を磨いていく。学びを支援する仕組みで総合事務職のプロを育成している組織と言えよう。

医療・介護などの事業だけではないのが組織の特徴。健康づくり、まちづくりの運動を進める組織であるのが「高知医療生活協同組合」である。子どもから高齢者まで多様な人がつながる場所が県内に約500カ所。健康づくり活動を進めることで介護予防を行う地域包括ケアを進めている。

 今後、人生100年時代の到来でケアが求められていく医療・福祉の世界。1人ひとりが輝ける健康社会をつくるために日々活動を続けている。

 

(左)高知生協病院 運営企画課
             渡邊 理佐 (入職10年目)
(右)高知生協病院 医事課
             渡邊 悠介 (入職6年目)

課長になったタイミングでの妊娠に戸惑いましたが、同じように子育てをしながら働いている職員も多く、安心して産休・育休を取得できました。役職につく女性も多い職場です。

 

本部事務局総務課            
岸本 朋香 (入職2年目)

本部事務局総務課では、高知県内の運営・所有する医療機関と介護事業所を統括しています。主に出資金や決算など法人全体の管理を行っています。地域住民の方の病院にかかる前の「健康づくり」から取り組めることに魅力を感じて入職しました。

 

本部事務局健康まちづくり課
筒井 敦子 (入職3年目)

「福祉の仕事をしたい」という思いで入職3年目を迎えました。地域コミュニティ活動などを行う健康まちづくり課は組合員さんと直接会って関わる仕事が多いです。職員と地域の人が連携し合って温かい雰囲気で日々業務に励んでいます。

企業情報

企業情報
社名 高知医療生活協同組合
所在地 高知県高知市口細山206-9
電話 088-843-0025
代表 理事長 山中 正博
資本金 9.5億円(2021年3月末)
設立 1965年8月
社員数 308名(男性:79名 女性:229名)
ウェブサイト http://www.kochi-hco-op.or.jp

http://www.kochi-hco-op.or.jp QR Code

採用情報
基本給 当組合規定による
休日休暇 年間95日、年末年始、夏季休暇
福利厚生 各種社会保険、共済手当(共済組合あり)、通勤手当、退職金制度、育児・介護休暇
採用担当者連絡先 088-843-0025(本部事務局・今井/小谷)