株式会社 JAメモリアルこうち

JAmemorialkochi

業種

特色

目に見えないものだからこそ誠意を込めたサービスで
心の安らぎや喜びを創造

人生の最後を見送るセレモニーや大切な人に贈るギフトなど、お客様の「心にふれる」時間を大切に… 「JAメモリアルこうち」は、地域に根ざした大きな安心とともに、心に残る誠心誠意の気持ちを届ける。

 「JAメモリアルこうち」は、高齢化社会が進むなかで、JA組合員および地域の方々とそのご家族のご不幸に際し、JA関係者自らの手で葬儀をお手伝いし、故人をお見送りすることが最後の組合員活動であるという考えのもと、JAグループの出資により設立。本社である「ルミエールこうち」のほか、高知県内8箇所に葬祭会館を開設。以来、地域に根ざしたJAグループの葬祭会館として大きな安心と信頼を得ている。葬儀とは、人生の最後を飾る厳粛なセレモニーであり、故人の心のお見送りとご遺族の心を支える大切なひととき。「ルミエール」では、1級、又は2級葬祭ディレクターがご遺族に寄り添いながら、それぞれの希望を尊重した葬儀を執り行い、お客様の心の安らぎを創造する。また、「JAメモリアルこうち」では、190坪の広々とした店内に、約5000点ものアイテムを常備した「ギフトガーデンルピナス」も展開。葬儀・ギフトを通して、お客様の心にふれる。

 葬儀の主な進行から葬儀後のアフターケアまでを担うのが、ご遺族に1番近い存在となる、葬祭ディレクター。2013年に入社し、現在葬儀の司会も務めている上村さんは、「仕事をする中で必要な基礎知識を学べますし、社員の資格取得サポートなどもあるので、スムーズに葬祭ディレクターの資格を取得できました」と話す。「ご家族の希望に出来る限りお応えできるよう、お寺や神官さんの予定を擦り合わし、葬儀を滞り無く進行することを心掛けている」という上村さん。

ご遺族から、「とてもいい葬儀でした」「四十九日や一年祭も上村さんにお願いします」との言葉を頂くと、「この仕事をしてきて良かったと心から思う」と語る。「故人にとっては、人生1度の最後のセレモニー、初心忘れるべからず」という部長の言葉通り、ご家族ごとに責任をもって担当。「ご遺族に寄り添えるような担当者になり、ゆくゆくは葬祭ディレクター1級を取得したい」と話してくれた。

 

 

 

 故人のお迎えから納棺、遺族宅への訪問、葬儀の打ち合わせや段取り、会場設営や参列者の誘導などが葬祭業の主な仕事である。大学を卒業後、「人と深く関わる仕事に就きたい!」という想いから葬祭業に関心を持ち、今年4月に入社した坂本さんは、現在こうした仕事の流れや儀礼・作法などを、先輩のアシスタントをしながら少しずつ学んでいる。

「入社当時は葬儀の知識も乏しく、分からないことだらけで不安でしたが、先輩方が丁寧かつ細かなところまでしっかり教えてくれるので、今は安心して仕事に取り組めています」と話す坂本さん。葬儀とは、故人と最後のお別れをするための大切な儀式…。何より、故人の遺志や遺族の想いを反映させた素晴らしい葬儀にできるよう、お客様の声にしっかりと耳を傾け、気持ちを推し量ることが大切。「今は先輩の背中を見て学び、人生最後のセレモニーを真心込めてお手伝いできるよう、頑張っていきたいです」と情熱を燃やす。 

 

 

企業情報

企業情報
社名 株式会社 JAメモリアルこうち
所在地 高知市小倉町15
電話 088-878-8577
代表 永野 智明 
資本金 14億8670万円
設立 2001年1月
社員数 163名(男性:61名、女性:102名)
業務内容 葬祭・ギフト、酒類、石碑、仏壇、仏具の販売
ウェブサイト http://www.jamemorial.jp/

http://www.jamemorial.jp/ QR Code

採用情報
基本給 大卒:17万8000円、専門・短大卒:17万2000円、高卒:16万6000円
休日休暇 土曜・日曜・祝日、年末年始の会社が指定する日(管理部)、年間105日(セレモニー事業部)、年間115日(ギフト事業部)
福利厚生 各種社会保険、退職金制度、財形貯蓄制度、育児・介護休暇制度、など
採用担当者連絡先 088-878-8577(刈谷)