株式会社 生田組

ikutagumi

業種

特色

未来をつくる、いまをつくる
地域に根ざし、地域発展の土台となる企業「生田組」

 日常で当たり前のように通過する道路やトンネルは、建設業の技術者なくしては完成していない。創業から63年、高知県民の生活を豊かにするインフラ整備をはじめとした多くの公共事業を担ってきたからこそ、できることがある。

 四万十町を拠点とし、昭和30年の創立から現在までに県内各所で多くの工事実績を残してきた「生田組」。国や県からの公共工事を請け負いながら技術者の育成にも積極的に力を注ぎ、私たちの生活の基盤を支えてくれていると言っても過言ではない。

 工事事業だけではなく、自然災害などの緊急事態が発生した場合に企業の損害を最小限に抑えるとともに、事業の継続や早期復旧ができるための方法や手段を取り決めておく「BCP」の策定、防災技術の提案や復興への活動も行い、地域に根ざした企業としての地位を確立している。

 また工事の際にはただ山を削るのではなく、掘削する箇所の植物保護や移植を行うことで環境への配慮も欠かさないなど「自然との共生」も大切にしている。今後はこれまでのノウハウや実績を踏まえて、四万十町を中心とした農業進出や地産外商分野などの事業拡大も視野に入れており、「生田組だからできること」の発信を続けていく。

 現在、新人教育に力を入れている「生田組」では、インターンシップ受け入れのほか、新卒、中途採用に関わらず新入社員が少しずつ現場に慣れていけるような新人研修プログラムが用意されており、技術者として段階的に成長することができる環境が整っている。現場においては「土木施工管理技術者」をはじめとした様々な資格を保持すると仕事の幅も広がってくるが、資格取得のための勉強時間確保や講習会参加、受験費用の補助など、企業として全面的にバックアップしてくれるのも嬉しい制度。業務では現場仕事だけではなく図面修正などのパソコン業務も並行して行う場合があり、そういった作業を1年目から任せてくれる機会も多い。最初は戸惑うことがありつつも、しっかりとした教育を実施することにより徐々にできることが増えて土木建設の楽しさを覚え、仕事のやりがいや意欲にも繋がっているため、「若い力が地域のためになる」企業体制を構築している。

 

 「10年、20年、50年と、世代を渡し成長を続けていくことのできる会社でありたい」と語るのは、代表取締役の生田政嗣さん。土木の楽しさを知ってもらいたいとの想いから、社員が働きやすい環境づくりにも力を入れ、先代から受け継いだ「生田組」のさらなる発展のために日々の努力を惜しまない。生田社長が何よりも嬉しいのは、新しい道が開通した時に地域の方から「生活環境が良くなった」と声をかけてもらえること。企業理念でもある「地域に根ざす」を肌で感じる瞬間だ。生田社長は現在置かれている状況を全て「自分のせい」にすることで、「今、何ができるのか」が見えてくるという。今後は公共事業だけでなく、過疎化が進む四万十町での農業にも進出し、四万十町産の農作物で地産外商を行うなど、違う形での地域貢献も目指している。基盤を強くして信用力を上げる、そして体力のある会社であり続けられるように… 生田社長の飽くなき挑戦はこれからも続く。

 

 

企業情報

企業情報
社名 株式会社 生田組
所在地 高知県高岡郡四万十町 古市町7-34
電話 0880-22-1225
代表 生田 政嗣
資本金 4050万円
設立 1955年4月
社員数 43名(男性:37名、女性:6名)
業務内容 総合建設業
ウェブサイト http://ikutagm.co.jp

http://ikutagm.co.jp QR Code

採用情報
基本給 大卒:18万2000円、高専卒:17万2000円、高卒:14万3000円~15万7000円
休日休暇 日曜・祝日、第2・4土曜、年末年始、GW、夏季休暇
福利厚生 各種社会保険、退職金制度、社員旅行、社員寮、定期健康診断、資格補助制度など
採用担当者連絡先 0880-22-1225(総務部:河野)