株式会社 ほっとこうち

HOTKOCHI

業種

特色

 1997年4月に創刊したタウン誌「ほっとこうち」。県内のあらゆる情報を紙にのせ、22年間変わることなく毎月発行を続けてきたが、ここ数年で大きな変化を遂げつつある。それは「情報の届け方」だ。

 いつでもどこでも、スマホ1つで欲しい情報が簡単に手に入る時代。そんな情報社会に対応するべく、ほっとこうちではここ数年でwebとSNSを強化。ほっとこうちwebをはじめ各SNSも駆使し、タウン誌の読者層とは異なる若手ユーザーを多数獲得して、これまで培ってきた「影響力」の裾野を、また別のカタチで違う方向に伸ばし始めている。22年の歴史があるタウン誌「ほっとこうち」を柱に、それを支える支柱もどんどん太く、育ちつつあるのだ。

 

 そんな、時代と共に邁進し続ける同社では働くスタッフも実に個性的。タウン誌「ほっとこうち」の現編集長を務めるのは下村さんだ。「誰もが情報発信者になることができ、誰もが欲しい情報がすぐ得られる時代です。だからこそ『ほっとこうち』が発信する情報には、そこに『信頼』を乗せてお届けすることを一番に心がけています。プロの目で見極めた情報をこれからも自信をもって発信し続けていきたいです」。

 

 そして、ほっとこうちの中で最も「革新的」とも言える「デザイン制作・ウェブプランニング課」の課長・小川さんは言う。「webサイトやSNS、YouTubeにニュースアプリと、人が情報を得る手段は日々増えていますが、メディアとしての『ほっとこうち』の伸びしろも同じく増えているのかなと思います。知恵や工夫は多分に必要ですが、誌面をはじめ、webメディアやSNSなどと組み合わせて立体的な『楽しい』や『面白い』を創造していきたい。ほっとこうちは読者やユーザーに対して今まで以上に寄り添える媒体になっていけると思います」。

 そして社内一のフレッシュマン、今年4月に入社した中島さんは、同社の可能性に目を輝かせる。「ほっとこうちは、地方の1出版社という枠を越えていて、見ている世界の広さにドキドキします。どこに向かうのか予測しきれないので、いろいろなことに私も挑戦したいです」。

 

 

 

 最後に、同社を率いる廣井社長からはこんな言葉を受け取った。「出版社として地域に密着した情報を、細やかな取材を通し文字として発信し続ける事で得てきた信頼。高知県において大切なのは『発信力』です。高知の魅力を私たちがしっかりと発信する事で、移住促進や観光促進など高知県全体の活性化に繫がると信じています。紙媒体として得てきた信頼を元に、SNSやwebを駆使した新しい情報発信力を強化し、高知県とともにこれからも歩んでいきます。高知が大好きな人、高知を知りたい人、一緒に高知をめいっぱい楽しみましょう!」

 「守り」と「攻め」で時代と共に走り続ける「ほっとこうち」から、今後も目が離せない。

企業情報

企業情報
社名 株式会社 ほっとこうち
所在地 高知県高知市北川添10-15
電話 088-885-0355
代表 代表取締役会長 小野川 義人 取締役社長 廣井 洋
資本金 300万円
設立 1997年4月
社員数 22名(男性:9名 女性:13名)
業務内容 タウン誌「ほっとこうち」の発行、販売・
「ランチパスポート」の全国展開、運営
広告代理店業務 など
ウェブサイト http://www.hotkochi.co.jp/

http://www.hotkochi.co.jp/ QR Code

採用情報
基本給 15万円+残業手当~ 
休日休暇 土曜・日曜・祝日、年末年始、有給休暇
福利厚生 各種社会保険、退職金制度など
採用担当者連絡先 088-885-0355(総務課 古山)