株式会社 浜幸

Hamako

業種

特色

お菓子を通じて高知の文化を発信するとともに 人々の心を満たし、幸せを創出する!

 1952年創業より、土佐を代表する菓子店として県民に親しまれてきた「浜幸」。菓子製造とホテル業を通じてお客様の幸せを創出するとともに、高知の伝統や文化を後世に残すべく躍進! 地元に根ざした企業として地域貢献を目指す!

 土佐の観光名所•はりまや橋のたもとに建つ本店をはじめ、県下に12店舗を展開する老舗菓子店「浜幸」。土佐銘菓「かんざし」をはじめ、地元穫れの果物を使用した焼き菓子やゼリーなど、地域色豊かなお菓子を製造・販売し、高知を代表する菓子店としての地位を確立している。
 「お菓子とは、人々の心の栄養を満たし、豊かにする食べ物」という考えから、多忙な日々を送る現代人が、四季の移ろいを身近に感じ、毎日の暮らしにひと時の幸せを実感できるようなお菓子を提供。近年減少しつつある、ひな祭りや端午の節句などの伝統行事の素晴らしさ、家族や親戚が集まり団欒するということの大切さをを伝える発信基地としての役割も担っている。
 そのひとつが、香南市にあるリゾートホテル「海辺の果樹園」。こちらは、お客様に心穏やかな時を提供する宿泊施設としてはもちろん、ハレの日のお祝いや、大切な人たちと楽しい時間を過ごす場としての機能も果たす。また同社では、他の地域で頑張る全国のお菓子屋さんなどにOEMを実施(現在、全国15社と取引中)。「浜幸」でしかできない、オンリーワンの技術で作り上げた商品を供給し、各企業の発展のお手伝いにも繋げている。

 手のひらほどの小さなお菓子が人の心を豊かにする。何気ないほんの少しの気配りが人の1日を幸せにする…。
「すべてはお客様の幸せのために」、そんな想いを胸に「浜幸」「海辺の果樹園」で輝くスタッフたちがいる。

 「浜幸」では、素材本来の美味しさを活かした安心安全なお菓子作りを心掛けている。例えば、高知の果物を使った無香料・無着色のゼリー「土佐の日曜市」は、製法特許を取得している果実有効成分の海洋深層水抽出法で、素材のもつ豊かな香りをそのまま閉じ込めている。
 2016年に入社した井上さんは、現在和菓子の製造を担当。「浜幸は、新商品の開発はもちろん、既存のお菓子の改良も怠らない」「作り手の意見も聞き入れ、どんどん進化しています」と語る。そんなお菓子の販売部に所属する馬殿さんは、現在イオンモール高知店で活躍。常連のお客様も多く、お客様を積極的にお名前で呼ぶことで、ただ商品を提供するのではなく、お客様と深い関係作りを行っている。「直接お客様の喜ぶ顔や声を聞けるのが嬉しい」と、やりがいを教えてくれた。
 「浜幸」では、新人社員に積極的に声を掛けたり、育児や介護などを行う社員たちが、正社員のまま短時間社員として働ける部署を設けるなど、長く働ける環境を整えることで、社員の幸せも創造。

 インターンシップで企業のアットホームな雰囲気に惹かれ、今年「海辺の果樹園」に入社した山岡さんは、先輩に教わりながらレストランで接客や準備などを実践。「企業自体がお客様にNOを言わない方針なので、その人その人に合わせた接客ができます」「自分らしさを発揮し、一生の思い出に残る一日を届けたい」と話してくれた。お客様はもちろん、社員にも寄り添った体制づくりで、1人ひとりが輝ける場所、それが「浜幸」だ。

 

企業情報

企業情報
社名 株式会社 浜幸
所在地 高知県高知市はりまや町1-1-1はりまや町1-1-1
電話 088-866-2323
代表 浜田 幸広
資本金 3440万円
設立 1957年10月
社員数 200名(男性:69名、女性:131名)
業務内容 菓子製造•販売、リゾートホテル事業
ウェブサイト https://www.hamako.com/

https://www.hamako.com/ QR Code

採用情報
基本給 大卒:18万円、専門・短大卒:16万5000円
休日休暇 製造・販売部:年間休日105日(社内シフトによる)、ホテル部:年間休日78日(社内シフトによる)
福利厚生 各種社会保険、育児・介護休暇制度、希望者は正社員のまま時短社員へ変更可
採用担当者連絡先 088-866-2323(水田)