株式会社 地研

chiken

業種

特色

地質リスクや自然災害から人々の安全な暮らしを守り
自然との共存を目指す!

地盤を知ることで、地震による災害・斜面災害・地下水に関する問題など、様々な自然災害の防止に繋がる。「地研」は、各種観測・試験あらゆる手段を用いて「自然の声」に耳を傾け、それを伝える、人と自然の仲介人。

 私たちの暮らす土地の地質は、地域によって大きな差があることをご存知だろうか?


 1970年に設立した「地研」は、高知県内のあらゆる土地を調査し、豊富なデータを蓄積してきた長年の実績をもつ地盤のプロ。主に、地盤の反力や応力などの特性を現地で測定する原位置試験や斜面調査、水文調査などを実施し、設計・施工に必要な情報の収集や提供を行っている。その他、設計・解析を行う建設コンサルタント業や測量業、地球環境にやさしい工法の提案から施工までを行う建設業を事業とする。同社は、地盤工学会や日本地すべり学会などの事務局や幹事、委員になるなど、外部活動にも積極的に参加。それらの専門知識やノウハウを持つ全国の企業や専門家と繋がりを持つことで、常に新しい情報を得ている。「地球環境保全・循環型社会の構築」に向けて企業体制を整え前進。信用される技術を確保し、いつか訪れるかもしれない自然災害の防止や地質リスクの低減に役立てている。

 

 「志を持った社員を育てるために人材への投資は惜しまない」と語るのは、現在代表取締役を務める大西社長。大西社長は、高等学校卒業後より同社に勤め、現場から管理職を経て現在に至る。大西社長の会社づくりにおけるモットーは「意見を言いやすく、風通しのよい会社」。現場での経験、上司としての経験を持つからこそ、社員への想いも大きい。例えば、技術士や地質調査技士などの資格を受験する際には、受験費用やそれに伴う旅費などをサポート、取得後は資格に応じた資格手当を支給。

 また、女性が働きやすい会社を目指し、2016年には子育て支援に取り組む企業として高知県の認定を受けるなど、規定に記したことを忠実に再現できる会社を目指す事で、安心して長く働ける会社づくりを行っている。さらに、2ヶ月に一度ワークショップを実施。全社員で山を登ったり、ジオパークに出かけたり、家族参加型の運動会を開いたりと、社員同士の交流も大切にしている。

 同社では新入社員が業務遂行に必要となる知識や経験を得るために、入社後から約1年間をかけて、教育・研修を実施。現場作業や土質試験などの研修から、業務報告書の作成、社会人としてのマナーや心得に至るまで、しっかり教わることができる。
 平成26年に起こった広島の土砂災害をテレビで見たのをきっかけに、この業界に関心を持ったという宮下さんは、今年で入社4年目のホープ。「入社当時は、初めてのことばかりでしたが、研修を受けるうちに少しずつ仕事内容を把握することができました」と振り返る。宮下さんは現在、ボーリング調査の現場管理や地質調査で必要な試験、図面や報告書の作成などを行う事業部に所属。

 「この業界は直接人の安全や命に関わる仕事なので責任はありますが、その分やりがいも大きいです」「今後は、現場ひとつを1人で管理できるようになりたい」と語った。こうした社員たちの想いが、地域の安全な暮らしを守っている。

 

企業情報

企業情報
社名 株式会社 地研
所在地 高知県高知市円行寺25
電話 88-822-1535
代表 大西 鋼
資本金 2500万円
設立 1970年1月
社員数 27名(男性:19名、女性:8名) 
業務内容 建設コンサルタント業・地質調査業・測量業・土木工事
ウェブサイト http://k-chiken.com/

http://k-chiken.com/ QR Code

採用情報
基本給 当社規定による 
休日休暇 土曜・日曜・祝日、年末年始、夏季休暇 
福利厚生 各種社会保険、退職金制度、育児・介護休暇制度、慶弔休暇、慶弔見舞金
採用担当者連絡先 088-822-1535(中根)