旭ブロック建設株式会社

Asahi block Ltd.

業種

特色

ブロック製造で培ったノウハウを次のステップへ。 健康で快適な生活を送るための環境を トータルでプロデュースする会社。

 社名の由来となった建設用コンクリートブロックの製造販売からスタートした旭ブロック建設株式会社。まさにそのブロックが礎となり、環境エクステリア全般のプロデュースカンパニーへと変貌を遂げている。

 旭ブロック建設株式会社の現在の主たる事業は、自然浴を理念とする住宅や庭園から大型建物の外構工事、また大手エクステリアメーカーの資材の販売、公共施設建設など多岐に渡る。いうならば、より良き環境を提供する総合建設業だ。本社はかつてコンクリートブロックの製造工場があった高知市桟橋通にあるが、機能的には2016年に竣工した長浜事業所の存在感が増しつつある。

 南国の太陽が照りつけ、真新しい外壁にまぶしく輝く長浜事業所。大きなガラスの扉から一歩中へ踏み入れると、社内は明るい光が差し込む空間に、木の温かみを感じる内装。一見してブロック製造から始まった建設会社とは思えない心地の良い空間だ。 

 オフィススペースで熱心にミーティングを続ける若手社員の姿が見えた。外構工事部の渡辺和真さん(入社1年目)、楠瀨晃生さん(同2年目)、そして山本亮さん(同3年目)だ。同部は主に様々な建物の外構工事を担当する現場の最前線。事前のミーティングは仕事をスムーズに進めるためには不可欠だ。  

 3人のなかで最も若い渡辺さんは、実は親御さんが建設会社を営んでいる。「建設業には興味があったが、親元ではなく外の世界で挑戦したかった」と入社の動機を語る。まだ入社したばかりで苦労は多いものの、積極的に仕事に取り組む姿勢は、上司からも高く評価されている。「まずはひとつの仕事を突き詰めて覚えていきたい。その上で自分の得意な作業が見えてくるはず」と仕事に対する思いを語ってくれた。  

 畑違いの農業高校を卒業後、以前からの夢だった建設業への道を選んだのは楠瀨さん。「何もなかった場所に自分が携わったものがカタチとして残る仕事に大きな魅力を感じた」。楠瀨さんのように工業系の学校以外から入社した人材も少なくない。しかし現場で経験を積みながら、資格取得を目指す支援体制がしっかり整っているのも同社の魅力だ。例えば普通科卒業で同社で働きながら1級建築施工管理技士を取得した社員もいる。「いつかは1人で現場を任されるようになりたい」と楠瀨さんは資格取得を視野に入れつつ、意欲的に仕事に取り組んでいる。  

 先輩格の山本さんの入社のきっかけは、意外にも「やりたいことがなかったけど、まずは働いてみることにした」。しかし働き出すうちに「職人さんのスピード感に近づけるよう、今は精一杯努力している」と心境の変化を語る。3人を指導する同部次長の宮本稔さんは「3人とも明るくポジティブなところが取り柄なので、今後成長してくれるはず」と期待を寄せる。  

 彼ら含めて男性が多い職場ではあるが、実は女性社員への配慮も行き届いている。「結婚、出産で辞める女性社員はほぼいない」と管理部課長の寺尾一乃さんも胸を張る。男女分け隔てなく社員の挑戦に対して、ひとつひとつブロックを積み上げるかのように、成長を促してくれる会社といえるかもしれない。

企業情報

企業情報
社名 旭ブロック建設株式会社
所在地 高知県高知市長浜3103
電話 088-813-1234
代表 寺尾 正生
資本金 2000万円
設立 1957年10月
社員数 65名(男性:53名、 女性:12名)
ウェブサイト http://asahi-block.com/

http://asahi-block.com/ QR Code

採用情報
基本給 (一般職)大卒:18万円〜、専門・短大卒:16万円〜、高卒:15万円〜(現場・技術系は別途諸手当あり)
休日休暇 第2・4土曜、日曜・祝日、年末年始、夏期休暇
福利厚生 各種社会保険、確定拠出年金制度、財形貯蓄制度、家族旅行補助金制度、資格取得支援など
採用担当者連絡先 088-813-1235(管理部)